リサイクル事業

リサイクル事業

エコライフアシストの「高柳リサイクルセンター」では、生ごみ・汚泥・動植物性残さ・廃酸・廃アルカリの肥料化リサイクル(食品リサイクル)や、ペットボトル・発泡スチロールのリサイクルを行っています。大量に排出される生ゴミ・汚泥・動植物性残さ・廃酸・廃アルカリ・ペットボトル・発泡スチロールは、リサイクルすることで廃棄物ではなく、資源として生まれ変わります。廃棄物として処分するのではなく、環境にやさしいリサイクルを行い、環境負荷を低減しています。
また、エコライフアシストでは、生ゴミの肥料化、廃プラスチック類の破砕と溶融に関して藤枝市の一般廃棄物処理業許可を取得しています。

高柳リサイクルセンター施設概要

肥料化リサイクル(食品リサイクル)施設

一般廃棄物・産業廃棄物、両方の処分許可を取得!!

エコライフアシストでは、2機のリサイクル施設により1日に約10tの肥料化リサイクルが行われています。この肥料化リサイクル施設は、一般廃棄物の生ごみ、産業廃棄物の汚泥・動植物性残さ・廃酸・廃アルカリに対応した施設となっており、コンビニ弁当・調理クズ・残飯・麺類・野菜クズ・給食残飯・食堂残飯・食品工場から出る有機汚泥、茶殻、コーヒーかす、廃棄飲料水などありとあらゆるものを処理可能です。

肥料化リサイクル施設は、投入された食品循環資源をゆっくりと攪拌し、エアレーションによる好気発酵を行うことで肥料を製造します。焼却処理に頼らず微生物の自然な力で発酵させた肥料は、良質の有機肥料として安全で安心できる農産物の生産を可能にします。しかも、焼却処理の際に必要な化石燃料も使用しないので、地球にも優しく、クリーンな環境作りに貢献します。

エコライフが推進する「循環型食品リサイクルループ」

肥料化リサイクル施設とリサイクルされた肥料

脱臭施設

食品循環資源を扱い肥料化するには発酵ガスが発生します。エコライフアシストでは、発生する発酵ガスを段階的に低下させ無臭化しますので、脱臭対策は万全です。

脱臭フロー

ペットボトル破砕

プラスチックの破砕に特化した一軸破砕機により、空のペットボトルを破砕し、リサイクルを行っています。破砕後、洗浄設備にプラスチック破砕品が送られ、きれいに洗浄します。
※産業廃棄物処分業許可及び一般廃棄物処分業許可取得

ペットボトル破砕機 ペットボトル破砕機

スチロール減容

スチロール減容機で嵩張るスチロールを減容リサイクルします。保冷容器や各種緩衝材等に多く利用されている発泡スチロールを溶かして、棒状の樹脂へと減容します。
※産業廃棄物処分業許可及び一般廃棄物処分業許可取得

スチロール減容 スチロール減容

所在地

住所

〒426-0041 静岡県藤枝市高柳2255番地

電話

054-639-5399

ファックス

054-639-5379

地図

高柳リサイクルセンター地図

エコライフアシストへのフリーダイアルでのお問い合わせはこちら!

見積り無料!お気軽にお問い合わせ下さい!フリーダイヤル:0120-308-534